2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.06.09 (Mon)

〔No.01〕4コマ作家による 夢の4コマリレー!

先日、ツイッターにて「リレー4コマ」というキーワードを見つけた火ノ鹿。
それって何だろう?のツイートをしたら…

なんと、妖こそ!うつつの分校 あろひろし先生(の奥様!)からお声をかけていただき
全裸待機ー!していたら
あろ先生から1コマ目をいただきました!><

というわけで、一応ケータイメールで確認を取った上で…
ラン様の放課後遊戯 とく村長先生と、
アリノスワンダーランド 枕辺しょーま先生へとバトンは渡ってゆくのであった…!


20140608a.jpg
うーん、面白い!
これって、4コマ目の方の実力が問われる…!笑


ここでちょっと、職業病っぽいですが考察を。
4コマは基本、「起承転結」と言われていますね。
私は専門家ではありませんが(?)あー、いや、専門家だけど、えーと評論家ではないので個人的な考察です。

起 1.あろひろし先生
ここで、少女が目線を落とし 何かをついに見つけたという切り出し。
つまり、この4コマは、何かを見つけ、それが何だったのかという内容ということが自動的に決まります。
そして、「ついに」という時点で、彼女が労力を払う・危険を冒すなどして得た結果の出来事を表します。
物語のきっかけが発生するというコマです。


承 2.火ノ鹿たもん
「ついに」という言葉を受けて、「そこまでだ」という第2キャラクターの投入。
「お兄ちゃん」とあえて呼ばせることにより、この二人が兄妹関係であることを自然に伝え
兄が隠していたものを妹がついに見つけてしまった、という展開にもって行きます。
主人公が何かを見つけてしまい、それを隠していた本人に見つかる、それで…?という流れです。


転 3.とく村長先生
ここで、兄があえて隠していたことをカミングアウトをします。
「残念だがベッドの下」というキーワードを盛り込むことで、1,2コマで流れていたやたらシリアスな流れをコミカルに持っていき、4コマ目までの盛り上がりを高めます。
さらに、「エロ本ではない」という単語を入れることにより、「妹が見つけたのはベッドの下に隠してあるエロ本だった」
というオチを切り捨て4番目の作家にプレッシャーをかけます。
兄はナニを隠していたのか!?というコマです。


結 枕辺しょーま先生
ベッドの下にあるのはエロ本じゃない。では?
妹への思いをつづった日記とか?シスコンである何かキーアイテムなんじゃないか?などなど想像します。
しかしあえて、一週回って王道で落としたよ、しょーませんせ!笑
そこが非常に注目すべきところなんですね。
起承転…ときて、誰もが想像した結末をあえて 知将とく村長が3コマ目でふさいだ。
読者は、絶対別の展開を考えます。
でも、あえてそのまま来た!これはまた意外。
そしてさらに、「兄のウッカリ性と、かっこつけちゃってはずかしい」
という要素を4コマ目でねじ込んできたのです。すばらしい。

結果、隠していたものはなんだったのかはわからずじまいでしたが
次の1本につながる1本になりました。
オチはぼかして落とす技法ですね。


リレー漫画ってものすごく面白いですね。
あろ先生の奥さんから、このリレー漫画が溜まったら本にしましょう!とお誘いを受けました!
これはもう、頑張るしかないね?
どうか、興味のある作家さんはお声かけてくださいませ…
プロ最前線で戦っていらっしゃる作家さんならではのせめぎあいと駆け引きが
この1本でありありとわかったことに、私自身がとってもびっくりして
「あっ4番目になったらやべえ」
と思いましたw

3番目になって4番目の作家さんにプレッシャーかけてみたいですw

結論、ああ、リレー漫画は楽しかった!><
ご協力いただいた各先生、ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト
11:46  |  漫画のこと
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。