2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.12 (Sat)

まんがダイムジャンボ2月号のお知らせ

まんがタイムジャンボ2月号、本日発売です。
花の任侠物語 しずか 描かせていただきました。
 
201302j.jpg

今回のしずかは…いつもとちょっと違います。
20130112a.jpg
実は全身を描いていたりして!本誌のほうでは切れててのってません。

そして、今回も、恐れ多くも表紙にお邪魔させていただきましたが…
またもやカラーパターンがあったりして!
20130112.jpg
成人式、ということで「着物」…。えっ、いつも着物ですけどどうしましょぅ!的なアレで
もともとは右側だったんですが、カラーがかぶるということで左側の水色ベースになりました。
着物、本当に色に悩んだんです~。
柄とベースの色と刺しの色をどうしたらいいか悩んだ末、黒・水色^^;
成人式で画像検索すると、今どきって本当にたくさんの種類の着物が出ていて驚きました。
参考にするも何も、そんな柄描けませんお…っていうのばかりでした。トホホ



というわけで、今月号のしずかは…?
まさかのあの人が登場!
なんか、しずかと似てる…?描いて見てそう思いました。
だからもみじと静花は相性がいいのかな?
あ、でもね、ひとすじなわではいかせませんよ?
ま、その辺は、また、次回…


読者の皆様の熱心な応援のおかげで、表紙にまでお邪魔させていただくことができました、ありがとうございます!
引き続きがんばって仕事してまいります。( ´ ▽ ` )ノ
関連記事
スポンサーサイト
12:37  |  商業誌のお知らせ  |  コメント(2)

Comment

鍋といえはカタギ鍋

すぎっちです先生お疲れ様です!2013年スタートに!今年も感想バリバリ書いていきます!花の任侠物語 しずか読みました!表紙の静花さん!振り袖がまた素敵に!柄も!見惚れます!雪でさむさむ!白い息がまた切なさ演出!キュンとなります!奉行を聞いて血がたぎる!さすが静花さん!鍋の会話に入れない!なんとも寂しい表情に!ひとり鍋!うさぎラブリー!若松の方がテンション高いです!みんなと食事がしたい…静花さん落ち込む姿見てられないです!舎弟の皆さんも心配に!カタギ鍋したい!もみじ帰宅!おかえり!静花さんに言ってもらえると最高の気分になります!動揺可愛いです!もっくん!いいですね!もみじママ美人!そしてどこかに面影が!確かに(笑)えええええ!もみじママ豪快!おおおおう!もみじの出番!かっこいいです!かたぎ鍋完成!うまうまですね!幸せそうな静花さん!よかったです!鍋奉行も現れました(笑)もみじが女の子なら(笑)ドキドキする会話でもみじ大混乱!楽しいです!もみじママの包容力も素敵でした!そして静花さんはスペシャル鍋披露!カオスですよ!次回もわくわくです!がんばってください!では!
すぎっち |  2013.01.15(火) 07:07 | URL |  【編集】

彼の学友にやっくんとふっくんはいるのだろーか(どうでもいい)

♪雪の降る街を 独り心に満ちてくる
 この哀しみを いつの日か解さん

ご無沙汰です。
気付けば早、1月が終わりそうだなんてそんなバナ(略)

もみじは明らかに母親似で。
不器用さまでは似なかった様ですが。(11本目)

短気は損気だの、未練の元だのと言われますが、必ずしも悪い面ばかりではなく。
逆に御母堂は呑気そうなので、家族間のバランスは取れている気も。

由神組の御三どん役を、もみじが若松から委譲される日も近い?

そして見たところ、夫婦仲は悪くなさそうデスネ…と薬指に目をやりつつ。
こりゃ息子が独りで空回るのは半ば必然か?

お気に入りは7本目です。
これには思わずニヤリとさせられました。もみじィ! この果報者めェェ!(笑)

♪雪の降る街を 遠い国から落ちてくる
 この想い出を いつの日か包まん
 温かき幸福の 微笑み

振り返ると、「鍋アレルギー」はなかなかの洞察だった模様。
頭に「独り」が付いていたらBINGOだったネ。あやめちゃん。
隣の学生 |  2013.01.26(土) 18:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。