2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.04 (Sat)

節分レポート\(^o^)/

みなさん、楽しい節分を過ごされたでしょうか?

今年は例年より恵方巻きがずいぶん浸透してきましたね!
我が家では、園の定例会があり、夜ごはんは恵方巻きではなかったのですが
定例会で売っていたてづくり恵方巻き!でカンタンに済ませちゃいました。
でも、花の漬物?とか菜の花とか入っていて本当に美味でした!…写真などないっw


さて、我が家では、今年こそ泣かせてやろう→不意打ちで脅かせば…ということで
ちまりとナナセが帰宅した後、相方に気づかれないように鬼の準備をしてもらい、
子供たちに豆まきの練習をしようと誘い、なごやかに遊んでいるときに突入してもらいました!

バターン!!!
「オニだじょーーー!!!」(噛んだ?)



20120204.jpg

なんで裏声!!

なんでヒートテック!!(見るからに寒い)

なんでモモヒキ!!(意味が…)

なんで鶴の舞!!!(もはやオニの動きではない)



泣くどころか、大爆笑のうずwwwwwww
ゲラゲラ笑いながらパパと連呼されて
とりあえず豆まかれて

「グワアアア~~やぁらぁれぇたぁ~~」

と、引き下がっていき………


待つことしばし


普通に着替えて部屋に入ってきた相方、

「え?何?オニが出たの?俺今帰ってきたところだけど?」(棒読み)

と、えっらいクールに戻ってきたら

パパだったじゃん!!と2人から盛大につっこまれていましたww


これ、もしかしたらオニ役に問題があるのでは…ww

うーん、来年は、どうするか!?

皆さんの節分はどうでしたか~!
よかったらエピソード聞かせてくださいね。


今年も、無料サイト集 Kooss様で鬼のお面を紹介していただき、節分に近づくにつれてブログのアクセス数がすごいことになっていました!
でも面白いんですよ、当然なんですが、前日に近づくにつれてアクセスグラフは超絶伸び
一日500いくか!ってところで節分を迎えるとひゅるるーんとアクセスが落ちるんです!
みなさん、駆け込みでオニのお面DLしてくれたのでしょうか?



ところで、園の定例会にて、園長先生がおっしゃっていたことが心に残ったので、
メモもかねて要約して置いておきます。


節分で、鬼に扮して子供を驚かして泣かせるのは、
言うこと聞かないやんちゃをとっちめてやろうっていう気持ちもあってもいいですけど
鬼が来るという「恐怖」や「困難」を、どう子供たちが乗り越えるか、
恐怖や困難にぶつかったとき、それを乗り越える力を養うためのイベントでもあります。
豆を投げることによって鬼が退治されて、子供たちの心の中には「自分でやっつけた!」という
自信が生まれます。
そして、鬼が来ても大丈夫、お母さんが守ってあげるからね、お父さんがついているから大丈夫だよと
しっかり抱きしめて伝えることで、
「ああ、自分は大切にされているんだ」と子供たちがダイレクトに感じることが出来るイベントでもあります。
節分っていうのは、「イイコにしないととっちめるぞ」というのは主旨ではなく、
「強くなれ!」「あなたを大事に思っているよ」という絆を深めるほうが主旨です。
だから、たくさん脅かしたら、そのぶんたくさん抱きしめて安心させてやってください。
オニがうそっこだとわかってしまう年齢は、意外とすぐに来ますから…。



とっちめたるで!!とっちめたるで!!と舞い上がっていた火ノ鹿ですが、
これを聞いてちょっと反省;
やっつけたね!やったね~!!と抱きしめてあげたいです…


って、


そもそも大爆笑だったんですがヽ(`Д´;)ノ
関連記事
スポンサーサイト
16:19  |  育児ネタ  |  コメント(2)

Comment

笑顔

パパさんの鬼の姿を想像して爆笑です(笑)
我が家では鬼は登場はありませんでしたが、
せっかくだからやれば良かったと後悔。
こういうイベントって子どもが大きくなると、
本格的にはやらなくなってしまうけど、
分かっていてもグダグダでも(笑)、
ちゃんとイベントをやってくれる親だったと、
思い出の積み重ねが愛されてる自信になるのかなと。
もうすぐ3月・・1年が経ちますね。
子どもの笑顔が笑い声がケンカの声すらも、
当たり前の日常が泣きたくなる程幸せです。
どこのご家庭にも笑顔が溢れていますように。
これからも育児ネタ楽しみにしています(^-^)
ゆみ |  2012.02.06(月) 11:24 | URL |  【編集】

ゆみ様

毎年の節分、子供がひとつずつ大きくなるにつれて
スタイルが変わっていくんだなあと思うと同時に、
ああ、2歳のとき3歳のときもっと激しくやってれば…と
思いを馳せることも^^
家族が一緒に体験できるイベントを、子供が大きくなっても覚えていてくれたら嬉しいですね!
まもなく3月。
良くも悪くも、世界は続いていますね。
あの日から別の世界を歩むことになった大人たちは
時折ネガティブになりますが
子供たちは別の世界になっていようと、手をいっぱいに広げて心からの笑顔を見せてくれる。
これが本当に大事なことですよね!
今年は、もっともっと多くの人に笑顔が戻るように心から祈るばかりです。
火ノ鹿たもん |  2012.02.12(日) 17:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。