2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.08.16 (Tue)

飛び込め!

火ノ鹿の実家は埼玉です。
近くに流れる川は、八潮と三郷をまたぐ、中川。

その色はどんな葉っぱの色よりも濃い緑で
時々薄いグレーと緑がまざった色になっています。
それでも魚は住んでいて、30年以上そこで釣りを趣味にしている実父。
水底はヘドロだし、長靴もつれるし、父にとってはそんな川でもそこは愛着があり。

ほとんど流れは弱く、昔はよくカニがいたりしましたが最近ではとんと見かけません。

川=入らない、さわらない が、今の常識なんですが



しかしやっぱり長野は違いますね。
110816a.jpg
こんな環境で大きくなれる子供達って、本当に恵まれていると思います。
うきわをもっとずんずんすすんでいるちまり。




これが、よく話題に出る飛び込みスポット②
110816b.jpg
木陰氏がいつも飛び込んでいる所は中級で、ここは初級と上級が一緒に存在しています。
川の底は、石の近くは大人の胸くらいの深さがあり、そこから左(下流)にむかって足首くらいの浅さになるまでのなだらかな坂になっています。

110816c.jpg
初級コースは、突き出た石から飛び込むコース。
でも飛び込んだ先は深いので、ちょっと勇気が要ります。

上級コースは、この土手の上から飛び込むコース。
高低さが2.5mくらい??で、とび幅が1m以上あるので躊躇しながら飛び込むと怪我します^^;
小学生の男の子達は、そこからアクロバットしながらみんな飛び込んでいます。
超こええ。


子供を理由に飛び込みに付き合って水遊びできるなんて、今のうちだけだなあ。
子供がここから離れていったら、ここで遊べなくなるなあとちょっと寂しくもあり。
そうすると孫が生まれるまで水遊びできないね!
やっぱ、いい年下おばちゃんが一人で水遊びとかハタから見てると痛々しいもんね!!
…あっ、犬がいたか(ニヤリ
関連記事
スポンサーサイト
23:59  |  日常のこと  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。