2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.07.02 (Sat)

本日まんがホーム8月号発売です

blog966.jpg
もちろん載ってませんッ(裏声
なのに、ずっと見本誌を届けてくださる芳文社様は神か!?

火ノ鹿、恥ずかしながら4コマ漫画誌で感動したのは初めてです!
うわぁ~!><ってなりました。さくらんぼ。
よく、素晴らしい漫画を読むと「ああ~、こんな心を打つ漫画かけるようになりたい~」と呪文の用に繰り返しますが、火ノ鹿も、こんな漫画描いてみたい!と思いました。
すごいな~…
表紙の椿さんのざっくり感がぱねぇす!椿さんぱねぇす!
裏表紙の、まりかちゃんのコミックスの表紙の文句が凄い。
「まりかよりかわいい子はみんな消えろ」www
すごいwwwいろんな意味ですごいww
まりかちゃんて、結婚したらどんな奥さんになるんだろう…。
読み手側に、想像させるキャラ作りって凄いと思います。
そして、ユキヲ先生の美少女の安定感ぱねえっす。
明るい夫婦計画の影田くんが愛しくなってきた所で、まんがホームは本日発売です。


読んで、元気になりました\(^o^)/
余震も続くし、さっきも揺れるし、いやぁ、ヒヤヒヤしますね、やっぱり。
松本の並柳ではとうとう死者が…。ご冥福をお祈りします。
こんな近くで死者が出たのかと思うと、戦々恐々としますね。
並柳に住んでいる知人の皆さんは、食器棚ごと倒れたとか、屋根が崩れたとか、
小学校では校庭が液状化したりなど、だんだんと被害を聞くようになりました。

昨日の午後、近所に住む90歳くらいのおじいちゃんにお話を聞きました。

「並柳は昔、沼だった。
そりゃあもう、柳がずらっと沼の脇に並んでたものさ。だから、並柳というんだ。
あそこは沼を埋めて、そこに学校を建てたのさ。
おらちが住んでいるここ(火ノ鹿の住んでいるポイント)は昔、そこにある川の川原の延長で、
60年前は石ばかりで何も無い所だったんだ。それを、おらちたちが土を入れて家を建てていったんだ」

なるほど納得しました、庭では野菜が全く育ちませんでした。それもそのはず、下が川砂利なら尚のこと。
そして、掘ればいっぱい石が出てくる理由もわかりました。

なんか、自宅でロマン感じられるって凄いですよね。
時を越えて、ここがどこだったのか、誰がどんな思いでここにやってきたのか…誰がこの道を作ったのか
そんなことに思いを馳せて、マイマイ新子みたいな気持ちになりました。
こんなに大きな大きな松だって、おじいちゃんがここに来たばかりの頃にはここには無かった。

火ノ鹿くらいの年齢で、何も無い場所に町を築き上げて行くって…本当に偉業ですね。
その町を、愛して当然。今の若い人たちには、生まれたときから手に入れているから
その気持ちが足りないんだろうなぁ、なんて色々考えました。

ちなみに、松本駅周辺や松本城あたりの地盤はやばいんだ、やばいんだ、と繰り返しておりました。

あ!!そういえば…

明るくなってから確認したら、家の内部の壁に確認できるだけで3箇所ヒビが入り、キッチンの窓のガラス、今にも落ちそうなほどにヒビ入りまくってました><
やだーもう!
関連記事
スポンサーサイト
10:27  |  漫画のこと  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。