2017年03月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.18 (Sat)

出会い、別れ、そして出会い/こむぎみっくす裏話

芳文社様で、芳デビューから支えていただいた担当様が代わる事になりました。

思い起こせば…

ブログで台風4コマを書いたとき、お声をかけていただきました。
それから、4コマなんて描いた事のない火ノ鹿を一生懸命育ててくださいました。

凛として 決して妥協されない方です。
何度も打ち合わせを重ねていく毎に、
心の真ん中に「芯」がある方だと感じることが出来ました。
4コマ漫画家として、どう商業誌と向かい合っていけば良いか。
時間をかけ、何も知らない火ノ鹿 たもんに…それらを教えていただきました。

担当様の笑い声が好きで、褒めて欲しくて それを聞きたくてがんばった時も(子供か!

こむぎみっくすが打ち止めになり、暗礁の中苦しんだ半年間。
それでも、火ノ鹿を見捨てず、しっかりと見つめて下さっていた事に感謝しております。
今、この時期にお仕事から離れられるのは、正直とても戸惑いました。

まるで、岸に紐でつながれていた小さな小船の紐が、はらりと水に落ちてしまった気分です。
そんな弱気にもなりましたが、ここで船が迷子になるわけにはいきません。

教えてくださいました全てを使って次に進むのが、火ノ鹿 たもんに出来ること。

全てにおいて、本当に純粋に…心から信頼をさせていただきました。
その言葉のひとつひとつには必ず意味がある…そんな事にも気づかせていただきました。
感謝の言葉だけでは足りないんです。
これからの火ノ鹿 たもんで、恩返しできたらと思っております。


先日、引継ぎをかねてその担当様とお別れの電話をさせていただいたのですが
たくさん、たくさん言いたいことあったのですが
言葉がつまって出てこなくて…
「ありがとうございました」
しか言えませんでした。

電話を切って、しばらく涙がとまりませんでした。

これが最後になってしまいますが、いつかまた、一緒にお仕事をさせていただけるように
この世界にくらいついて、紙面から手を振らせていただきます。

本当のさようならだけれど、いつでも紙面に載ればきっと火ノ鹿 たもんを見ていてくださると思います。
どうか、見ていてください。
火ノ鹿 たもんは、素晴らしい担当様と出会えて、本当に幸せものです。


ありがとうございました。



そして、新担当様、どうぞ宜しくお願いいたします。
食いつきますよ!ガブリとね!

全てをかけて、がんばります。



涙をふいて、進むのみ!

アンニュイは終了よ!ここまでよ!!





というわけで、記念!?に
こむぎみっくすキャラ出し1稿目の記念すべき大一歩をさらしてみるw

blog950.jpg

絵が…(´Д`;)

さて、初期の設定ではこむぎには弟がいましたw
やしちですw
名前の由来とかひどすw
愛犬の名前はめーぷるですが、ここではコーンて描いてありますねw
父が雷鳥で母がハト子とかww
ちなみに、当初名前は「穀物」で統一しようとしていましたw

さて、ここでどうでもいい裏話。

父  たまお
母  みるく
娘  こむぎ
犬  めーぷる
先生 佐藤 義貞

お気づきになりましたか?

そうです、全員ホットケーキの材料に名前が由来しています!
こむぎみっくす、とはつまり、混ぜて焼いて甘くて美味しい!という意味だったりして(笑
ちなみに、たまおは「たまご」ですネ。義貞先生の苗字は、「さとう」でした!
ほんとどうでもいいですね!(笑

いつか冊子にまとめられたら、と思っています^^*
お金ないから、今はにゃいす優先!\(^o^)/

というわけで、気持ち切り替えて次に行こう!
関連記事
スポンサーサイト
22:31  |  漫画のこと  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。