2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.24 (Sun)

3D映画レポ4コマ

どうも、どうも、火ノ鹿 たもんです。
おとといから、ちまりがインフルエンザ!?どうなの!?みたいな
急展開でしたが、2回も例の検査やったんですがインフルエンザ反応は出ず、
ただのお熱なだけでした。
先週末に、インフルエンザで学級閉鎖。そしてその次の日には学年閉鎖という
インフルエンザがポポポポーン♪状態(´Д`;)
そんなわけで、バタバタしてたんですが、
映画レポートしちゃいます!よ!

ガリバー見てきたわけですが3Dで。
なんか、3D初めてだったんですが
こう、画面から飛び出すよー!とかそういうの期待してたんですが
ただ、ペラッペラの紙が手前・中・奥に置いてある絵本みたいな程度でした。
ロバートサブダのほうがよっぽど3Dじゃ\(^o^)/
なんて思ってしまいましたが。
正直、背景、人物、手前のモノと3枚のセル画を10cm間隔に置いて眺めてるのと一緒で
どんなにがんばってもペラペラでした~。
そして、メガネかけるんですが、はずして画面を見ると
乱視状態のブレブレで、とにかく光が強すぎる!これは死ねるw
メガネはグレーの遮光レンズっぽいので、これで光の強さを調整するみたいですが
裸眼で見たときの映画の輝度は半端ないです。吐くレベルです。

あ、別に3Dを批判しているわけではありません。あくまでも個人的な意見です。
結果から言うと、良い体験しました\(^o^)/
もっともっと進化する時代が来るんでしょうが
映画は2Dでいいと思いますッ。
ニンテンドー3DSが伸び悩んでいるのも同じ理由かな~とか思いました。
目新しくてとびつくけど
なんでわざわざ疲労するもの見るんだ?みたいな。
後半はもう3Dの意味なかったし
ただ人物が手前に浮いてるよー\(^o^)/でした。

映画の内容ですが
視聴者の「なんで?」を全てふっとばしきった映画でした。
え?なんで?は?どして?え?wいつのまにwは?なぜwwwwみたいな
でも、突き詰めてつじつまを考えるのは日本人のナンセンスな部分なのかもしれないですね。
小人の世界がどうして存在するのかとか
巨人の世界に一瞬飛んだけどあれなにwwwwとか
小人の世界からどうやって5秒で帰宅できたのかとか(みんなさようならー!→次のシーンはもとのオフィスだった
もうちょっと掘り下げて欲しかった気もします。

なんかこうグダグダ書いてると、「だったら見るなよ!」の声が聞こえてきそうですが
結果的に、見てよかった\(^o^)/です。
いろいろと勉強にもなりましたし、いろんな意味で楽しめました!


ちまりは、後半のラブシーンなんかで置いていかれてしまい、あまり内容が受け止め切れなかったようですが
彼女は「映画館に行ったら、キャラメルポップコーンを食べる」という掟を木陰氏に教え込まれていたため
大漁のポップコーンをずーっとカリカリしてましたw
blog859.jpg
大変満足されてました(笑



関連記事
スポンサーサイト
22:48  |  日常のこと  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。