2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.05.30 (Wed)

アタラシイコトハジメマシタ

ちまりさん、もう7歳になりました。
実は、1年生にあがったときから猛烈にピアノを習いたいとせがまれていたんですよね。
私は、自分自身がピアノの技術があるので、自分で教えようとしました。
…が、親子では何もうまくいかず…
赤いバイエルを最初からやらせようにもなかなか進まず。メロディも覚えられず
言うとおりにも弾いてくれず…こっちもイライラし…

そんな時、良くしていただいているちまりの同級生のお宅で
ちまりのお友達がピアノを弾いてくれたんですよ!
おったまげたー!
同じ7歳がこんなに弾けるとかって、夢にも思わないくらい感動したんです。いや、これホント。
子供が弾くピアノっていうのは、たいていガチャガチャ弾いて、バシバシ弾く感じのイメージ。
ところがこの子、1つの曲を流れるイメージで弾ききったんです。
正直ショックでした!

そんなわけで、そのお友達のレッスンを見学させていただけることとなり
実際ちまりをつれて行ってまいりました。

すると、とても穏やかなお年を召した女性の先生がいらっしゃって
そのおだやかな事。おだやかな事。オダヤカー!!!!

でも、レッスンを見てからだよなぁと思いつつ、見学させてもらっていたら
なるほど本当に驚きました。
正しい音符よりも、抑揚、イメージ、どう弾いたらこの曲は良くなるかな?という
形にとらわれないスタンス。
なんというか、今まで自分がちまりに教えようとしてきたこと「正確に!繰り返し!」の正反対の領域で
正直、「ああ、自分はピアノは弾けても人に教える事はできない人間なんだ」って
スパッときられた感じがしました。

そんなわけで、もう即決でこの先生にお願いしたいという気持ちと
なんかこう、感動と、恥ずかしさとがこみ上げ。



つづく
スポンサーサイト
00:18  |  育児ネタ  |  コメント(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。