2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.05.29 (Sun)

原発問題…知りたい6歳児

blog909.jpg
あと何年、何十年…そんなことは言えなかった。
永遠に続いていくような感覚に陥りそうな、この現実を伝えられない。





今日スーパーで一斉に「○○県産」の葉物野菜が安く並んでいました。
美味しそうに平気な顔して並べてあって、とっても平気そうで…。
何にも、今までと変わらない外見。

そういえば被災地産も規制解除になったとか聞いた気が。

他に葉物ないし、買おうどうか悩んだ。

これが身体に良くないものかもしれないし、全く平気なのかもしれない。
○○県といっても広い。
でも、国が何かを隠しているのがわかっている以上、できるかぎりの自衛をしていくことが、子ども達の未来のためと考えると…安直に手が伸びなかった。


被災地の農家の人たちは風評被害にとても困っているだろうと思います。
被災地っていうだけで。それだけでとても困り果てていると思います。


被災地でない松本。
与えられた日常を素直に手に取り、悲しいことなんてなかったかのように暖かい食事を作り…
そして長い月日の後 子ども達に、取り返しのつかない未来が…。
そんな事を考えたら6歳2歳の子ども達には、出来る限り安全性のあるものを選んであげなければと思った。
それが、やはり小さな子供のいる親の考え方で当たり前なんではないだろうか。




国は、言った言わない、平気ですだの漏れてましただの、そんなのはもう良いから、全地域での汚染レベルの状況を発表し、もうどこまでがダメで…食べていくと結果どのような肉体になりどのような影響が出るのかをもっとわかりやすく国民に説明するべきであり、ダダ漏れの放射線を出たの出てないだの、見栄ばかり守ろうとしていないでこの国にいる全ての子供たちと、その子ども達が生きていく未来を全力で守り抜くことに尽力して欲しい。

おそらく、思っているより国民は覚悟できていると思う。

1週間後も恐ろしいが、
1ヶ月後も
1年後も
10年後まで
変わらずに、思いを馳せれば恐ろしい。

子ども達が、これからの時代に生き残れるように
本当に、彼らの未来を今守れるのは、大人なのに。

子どもの未来を守ろう!なんてのは、ぬるいキャッチフレーズだと感じた2011/3/10までの今までと
ダイレクトに危機感を持ちながら本当にそうなのだと感じられる3/11を迎えた私達に出来る事。


ちまりとナナセが生きていくこれからの時代。
大変過酷な時代であろうと思います。

何にも知らないで、与えられた幸せを平然と消費していた私達大人のツケを、子ども達が背負っていく。

こんな時代にも、命は誕生していく。

先日、ある友人が、お腹に新しい命が宿っている事を報告してくれました。
衝撃的で、
嬉しくて、
理由なんていらない歓喜を感じ
久しく感じることが出来なかった、命が始まることの尊さを心の底から、嬉しく感じました。


3月11日で止まってしまった時計。

それでも続いていく命。


子ども達を、守ること。


私は、野菜を手に取れなかった。
それは正解なのか、解らない。

自分の力を無力に感じた、今日でした。

スポンサーサイト
17:52  |  未分類  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。